刺青レーザー治療で、刺青は100%消えません

刺青レーザー治療で、刺青は100%消えません2014/12/28更新

刺青除去の治療というと、
多くのクリニックで行っているのがレーザー治療でしょう。

広告やキャンペーンも多く見受けられます。

刺青のレーザー治療で事前にご理解いただきたいのは、
刺青にどんなに色素選択性の良い波長のレーザーを照射したところで、
100%消えるわけではないという点です。

また、多かれ少なかれ必ず火傷もします。

レーザーを繰り返すことで皮膚表面が火傷痕でコーティングされていくため、
初回が一番よく効いて、徐々に効果が少なくなるのが特徴です。

後半は何度照射しても効果が出なくなるでしょう。

患者さんの中には、レーザーを100回照射すれば
刺青が絶対取れると思っている方もいらっしゃるので、こちらがびっくりします。

刺青へのレーザー治療は、大半が刺青の形の火傷痕が残ってしまいます。

刺青が消えても火傷痕が残るため、結果に対しての不満を持つ方も多いです。

この事実を治療前に伝えている医師は、どの程度いるのでしょうか…。

刺青除去専門クリニックはこちら

サブコンテンツ