手足、首、背骨近くのタトゥー除去を考えている方へ

手足、首、背骨近くのタトゥー除去を考えている方へ2015/8/27更新

先日いらした20代の男性は、
有名クリニックでタトゥーの分割切除を3回行うという治療法の提案を受け、
早速1回目の切除手術を受けたそうなのですが、
手首が後ろ側に曲げられなくなってしまいました。

手術をしたクリニックに相談したところ、
先生は少し面倒そうに短時間でサッと診察をして
「今は傷を治すために動かさないでいれば大丈夫」
と言ったそうです。

1回目の手術でこれほどまでに強い症状が出ているのに、
これで分割切除をあと2回も行うことができるのでしょうか?

わたくしが形成外科医時代に学んだ知識では、
関節は意外に簡単に固くなってしまうというものでした。

このままこの方は手首を動かさずにいれば
次第に手首の可動域が狭くなる可能性もあります。

また可動域が狭くなったり痛むことで、
患部をかばうためにひじや肩、
さらに人によっては腰などが痛くなることもあります。

切除可能な幅はタトゥーの入っている部位によって全く異なります。

特に手足、首、背骨の近くにあるタトゥーは要注意です。

刺青除去専門クリニックはこちら

サブコンテンツ