手の甲の刺青除去希望の方からのご相談

手の甲のタトゥー除去希望の方からのご相談2016/8/29更新

北海道 40代 女性 
手の甲のタトゥー除去相談

【Q】
若い頃、手の甲にタトゥーを入れたのですが、
今では取りたいと思っています。
日常生活ではタトゥーがバレないように隠しています。

削皮を検討しているのですが、
手の甲のタトゥーの場合、費用はどのくらいでしょうか?
大きさは2~3cmくらいです。

また、手術は曜日が限られていたりしますか?

自宅が遠いのですが、
再診はどのような場合にも必ず必要でしょうか?

カウンセリングと同じ日に手術を受けることは可能ですか?

【A】
手の甲には伸筋腱という
指を伸ばすための大切な筋(スジ)が
皮下の浅いところを走っていまして、
この筋がひどく傷むと手が変形してしまいます。

若い女性の場合は特に、
手が変形して不気味な形になると、見栄えが非常に悪いため、
人前で手を使わなくなってしまい、
そのため、手全体の動きが悪くなってしまいがちです。

また、心臓は心臓の筋肉で全身に血液を送っていますが、
手足は手足の筋肉を動かすことによって
心臓に血液を戻しています。

ですから、手を動かさなくなると
手がむくんで痛くなってしまいます。

場合によっては、伸筋腱を傷つけたことによって、
ひどく腫れて動かせなくなり、
ますます動かせなくなるという悪循環に陥ります。

その結果、強い痛みが残ってしまい、
手の機能が廃絶してしまう場合もあるようです。

しかしながら、わたくしは10年以上、
手の外科もおこなっておりましたので、
この大切な伸筋腱を傷つけることはまずありません。
ご安心ください。

手の甲はハイリスクな部位ではありますが、
伸筋腱とタトゥーとの位置関係によって
そのリスクの程度は大きく異なってきます。

手の甲のタトゥーの場合、位置によっては、
非常にリスクの高い危険な除去手術となりますので、
手術しないことをお勧めする場合もあります。
カバーマークなどで隠し続けた方が無難な場合もあるのです。

逆に、手の甲であっても、
それほどリスクが高くない部位もあります。

ですから、手術費用は診察してみないことには
全く分からないのですが・・
伸筋腱などの重要構造物とタトゥーとの距離などが
判断基準の鍵となります。

あくまで予測ですが・・
手術代金・お薬代・追加のレーザー費用までを含めて、
総額で35万円~50万円くらいではないでしょうか?

手術は火曜日・水曜日以外でしたら、
どの曜日でも承っています。

手術当日は近隣のホテルに1泊していただき、
翌日に再診が必要です。

また、削皮後に3か月以上あけて
追加のレーザー照射が1~5回程度必要です。

追加のレーザーが全く必要ないほど深く削ってしまうと、
元々入っていた刺青・タトゥーと同じ形の
盛り上がった傷跡ができることになってしまいますので、
お勧めすることはできません。

刺青・タトゥー除去レーザーというものは、
単独で用いた場合、何年かけても、何十回照射しても、
刺青・タトゥーが消えることはなく、
凸凹でまだらの傷跡となるケースがほとんどですが、

削皮後にレーザー照射した場合は、
常識はずれなほどよく効くきます。

このことは、ある意味当然といえます。
削皮によって9割の墨が削り取られていますので、
墨の残りはわずかです。
そこにレーザー照射するわけですから、
劇的に効くものです。

境クリニックの刺青・タトゥー除去治療には
北海道から沖縄・海外の方までお越しいただいております。
ご遠方の方の手術にも慣れていますのでご安心ください。

また、本当に申し訳ないのですが、
カウンセリングと同日の手術はおこなっておりません。

まずは、カウンセリングにお越しいただき、
それから、改めて手術のご予約をいただいております。

予約が非常に詰まっておりまして、
カウンセリングのご予約自体、
数ヶ月お待ちいただいております。

現在、4か月後のカウンセリング予約を承っております。

手術はさらにその先となりまして、
最初のお電話をいただいてから半年以上先となるようです。

刺青除去専門クリニックはこちら

サブコンテンツ