タトゥー分割切除治療の価格の決め方

タトゥー分割切除治療の価格の決め方2016/5/02更新

30代の男性が10㎝×20㎝程度の
太もものタトゥー除去の相談に来られました。

すでに別のクリニックに相談しており、
そちらでは分割切除治療3回で、

1回目 40万円
2回目 20万円
3回目 20万円

と提案されたようです。

1回目だけ高いですね!

最初の1回で売上の半分を回収するイメージなのでしょうか!

何度もお伝えしていますが、
分割切除を行うと最初の1回で辞めてしまう人がほとんどです。

治療後の汚い傷跡、皮膚のツッパリ感、痒み、痛みなどを経験すれば
2回目以降の治療をあきらめる方がほとんどだからです。

でも実は、1回目であきらめる人のほうがひどい目にあいにくいと言います。

1回目の手術より2回目の手術の方が
痛み・ツッパリ感・しびれ感が5倍出やすいでしょうし、
1回目よりも5倍以上、汚く赤黒く盛り上がると言えます。

そして3回目の手術は30倍、
4回目の手術は100倍といったイメージになるでしょう。

回数に比例して刺青がキレイになるのではなく、
キズにかかる張力は皮膚を切り取れば切り取るほど
相乗的にものすごく強くなって行きますので、ますますひどい結果となります。

やっぱり、はなから分割切除は
受けてはいけない治療だと断言できますよね。

境クリニックでは今まで様々な刺青除去手術を行ってきた上で、
大き目のタトゥーには削皮治療がベストだと考えています。

そしてなんと、最近では小さなタトゥーでも
一番理に適っていてキレイになる治療は削皮治療だと判明しています。

一部では否定的に考えられている削皮治療ですが
技術力がきちんとある医師が全力で丁寧に治療を行えば、
かなり良い結果を出すことができます。

削皮治療の場合、20㎝弱四方程度のタトゥー除去の場合は
1回で治療可能です。
また上皮化には2週間程度かかります。

この2週間という数字が意外に大切で
生命の神秘・人体の神秘と言うか・・
ほとんど誤差がありません。

これは、医者がよく言い訳として使う言葉である
「患者さんの個人差」がないと言うことです。

逆にこの2週間で治ることを明言できないようなクリニックでは
削皮を受けてはいけません。

削皮治療を実際にはやったことがないかもしれませんし、
何かやり方がまずいのかもしれません。

そのようなクリニックで刺青に削皮を受けると
結果がケロイド状になるだけではなく
かゆみや痛みなどで非常に長い間ひどい目に会うでしょうし、
感染症で死ぬような思いをする可能性も高いと言えます。

治療後の患者さんの個人差はごくごくわずか、ほぼゼロと言えますが
医者の技術差は非常に大きく、100倍以上あるかもしれません。

刺青除去専門クリニックはこちら

サブコンテンツ