刺青除去をしても、温泉NGのことがある

刺青除去をしても、温泉NGのことがある2016/6/20更新

鹿児島 20代男性 左上腕刺青削皮後

当院で刺青除去治療を行った20代の男性です。

左上腕に大きな刺青があり、削皮手術によって刺青を除去しました。

その後、ご本人的にもう大丈夫だろうと思い温泉に行ったところ、
周囲から注意を受けてしまったそうです。

ちなみに他の温泉(複数)では全くスルーだったそうです。
特に厳しい温泉もあるようです。

このように刺青やタトゥーの除去は、
他の人とご本人の価値観の戦いです。

前腕の傷跡がリストカットに見えてしまうのと同様に、
腕にある大きな傷やアザは、刺青に見えてしまう事もあるのです。

そもそも除去治療の相談に来られる方々の50%は
「上腕部」に刺青が入っています。

そのため、上腕部の刺青除去の場合、
どのように刺青を上手く取ったとしても、
その部位に傷あとがあることが分かってしまったとたんに
刺青のように見えてくると言います。

完全に刺青が消えたとしても、
このようなケースがあることはご承知ください。

刺青除去専門クリニックはこちら

サブコンテンツ