刺青治療における第一選択肢とは?

刺青治療における第一選択肢とは?2014/12/27更新

答えは、「刺青を取らない」ことです。

もちろん、患者さんはみんなビックリします(笑)。

刺青除去の治療は、なんとなくイメージが先行していると感じます。
実際に治療結果を見たことがある人が少ないのかもしれません。

刺青除去治療は、魔法のような良い治療法ではないのです。

「刺青やタトゥーを取る」ということは、多かれ少なかれ傷痕が残り、
多くの場合、治療途中のような中途半端な傷痕が残ってしまいます。

100点満点中30点程度にしか見えない治療結果が多くあります。

当院でこだわりを持って治療を行っている「ジグザグ切除法」や「削皮治療」でも
なんとか40点を目指しているような状態です。

治療を受けた方から
「刺青を気にせずに温泉やプールに行けるようになった」
「婚約相手の親とわだかまりなく会えるようになった」
という嬉しい報告も多いものですが、

「こんな傷痕じゃ温泉に行けない……」
と言った厳しいお言葉もあります。

治療結果については患者さんの捉え方次第ですので何とも言えませんが、
医師も魔法使いではないので、100%無傷で何もない肌に戻すことはできない
という点はご理解いただきたいと思います。

とはいえ当院では、それでも最大限の効果を出すために日々奮闘しています。

他院で治療された方が来院されることも多いですが、
やはり、中途半端な状態で諦めてしまった方が多いと感じます。

当院では、レーザー治療や切除治療だけではなく、
医師の技術力が必要になる植被治療や削皮膚治療等も多数行っています。

刺青手術はもちろん、外傷・緊急手術などを行っていた
総合形成外科での医師経験を少しでも活かせればと考えております。

刺青除去専門クリニックはこちら

サブコンテンツ