刺青・タトゥーの除去相談(保険について)

刺青・タトゥーの除去相談(保険について)2016/8/18更新

刺青やタトゥーを除去したいという方の動機は、
本当にさまざまですが、一番多いのは結婚や就職です。

結婚や就職とその関連で9割を占める
と言ってもいいでしょう。

「ウェディングドレスを着ると刺青が見えてしまうから」
という理由で刺青・タトゥー除去治療を希望するのであれば、
やめた方がいいでしょう。

刺青・タトゥー除去治療の傷跡とは、
そのような場で露出できるほど、きれいなものではありません。

今の時点できれいに取れる治療方法はありませんし、
今後もそのような治療が出てくる可能性は全くないと言えるでしょう。

でも、実際は、そのような希望は少なかったりします。
結婚関連で実際に多いのは次のような理由です。

子供ができたので刺青・タトゥーを取りたい
子供が物心つくまでに取りたい
子供をプールや温泉に連れていってあげたい
結婚相手の親に刺青・タトゥーは内緒なので・・
結婚相手から取りなさいと言われた
ママ友の目が気になって・・

ここで注意が必要です。
結婚相手・配偶者の親が絡んだ場合、
まず無理といえるでしょう。

そもそも親という生き物は、
「自分の子供が世界一」だと思うものです。

「自分の子供と比べたら、自分達なんて凡人だ」
くらいに思っている人が多いほどです。

「自分の子供は地球上70億人の中で1番。
冷静に考えると、自分達は1億番くらいだろう」

自分達のことは冷静に見れても、
子供に関してはそうなれない。
そんな人が多いでしょう。

当然、子供の結婚相手は王女さまや王子さま。
財閥のご子息、ご令嬢じゃないと・・
芸能人?・・ギリギリ許す。

という雰囲気でしょうか?

普通の人など納得できるはずもなく、
ましてや、あらを見つけようものならば、
「無理!」というイメージでしょうか。

刺青やタトゥー自体はもちろん、除去後の傷跡も、
相手の親には絶対に内緒にした方がいいでしょう。
できれば一生、隠しつづけた方が無難です。

また、ママ友にも要注意です。
自分の子供可愛さに、悪魔のようなセリフを
平気で言う場合もあるようです。

「あの子と遊んじゃ駄目よ」
「何で?何で?」

「あの子の親は柄が悪いから」
「何で?」

「大人には分かるものなのよ」

たとえ、刺青やタトゥーを除去した後であっても、
プールには他の家族と一緒に行かない方が無難です。

「まわりに知ってる人がいないプール・温泉なら
子供を連れて行くことができる」
というくらいに思っておくといいでしょう。
それが、刺青・タトゥー除去治療の目標と考えてください。

保険や保険会社には、
どのように対応をしたらよいのでしょう?

「刺青・タトゥーをそのままにしておくよりも
除去した方が、保険に有利なのでしょうか?」

という相談がときどきあります。

ですが、保険は契約の問題であって、
医学的な話ではありませんので、
「契約書にどう書いてあるか」
ということだけが問題だと思います。

「刺青やタトゥーお断り」という保険があったとして、
除去すれば他の人と同じように入れるかは分かりません。

もしかしたら、保険に入れるだけ入れておいて
後で因縁をつけて、いざという時には支払われない
という場合もあるかもしれません。

刺青やタトゥーが入っていることを
申告せずに保険に入って、後でバレた場合、
かなり不利になることは間違いありません。

また、海外の保険で、契約書の原文が英語だったりすると
ニュアンスの違いなども問題になるかもしれません。

「刺青やタトゥー入れたことがある」
といったニュアンスですと、
どのように解釈しても保険はおりないでしょう。

刺青除去専門クリニックはこちら

サブコンテンツ