タトゥー除去で皮膚が白くなる?

タトゥー除去で皮膚が白くなる?2016/6/25更新

長野県 30代女性 レーザー後・刺青除去相談

30代の女性のご相談です。


(写真はイメージです)

刺青治療のためにレーザーを3回照射したところ、
刺青はなんとなく薄くなってきたが、
あわせて皮膚も色が抜けたように白くなってきたとのこと。

鋭いですね。

そもそもレーザーが発明されたのは欧米です。

この現象は白人の皮膚ではほとんどありませんが、
有色人種である日本人では必発です。

黒色に効くレーザー治療器は黒い刺青にも反応しますが
皮膚の色にも反応します。

刺青のレーザー除去治療では当然色素細胞もやられるため、
色素脱失が起こることがあります。

特に照射の間隔を開けずに比較的短いスパンで
照射を行った際にこの傾向があるといいます。

また肌質などによっては、色素脱失ではなく
色素沈着が起きてこげ茶色になるケースもあります。

ちなみにレーザー照射を散々受けたあとの刺青削皮では、
この色素脱失や色素沈着によって
どのように上手く削れてもまだらになってしまいます。

刺青除去治療の世界は非常に厳しく、
一番耳障りがよくて、敷居が低く感じるので
「とりあえずレーザーを受けてみたら?」と
医師に勧められるケースが多いのですが、
レーザー治療がおすすめできない理由は、そんなところにあります。

さらに言えば、
レーザー治療後の刺青部分の皮膚が固くて削りにくくなることも、
レーザーを気楽に受けてほしくない理由です。

刺青除去専門クリニックはこちら

サブコンテンツ